犬を飼う前の準備、犬の飼い方、食事、しつけ方法、犬の病気などを解説

犬の飼い方ガイド

犬の飼い方・しつけ方法

しつけのタイミング

犬のしつけは
できるだけ簡潔に短時間で、
"悪いことをしたらすぐ"
に行うようにしましょう。

というのも、
犬は問題の行動からしばらく時間が経ってから怒られても、
何が原因で怒られているのかが
理解できないからです。

また、時間が経過してから
罰を与えたのでは
「しつけ」とにて認識されず、
ただ単に「嫌がらせを受けた」
と感じてしまう場合もあります。

叱りつければペットは飼い主さんに対し
脅威・恐怖感を抱きますから、

しつけを行ったときと
同じような態度を見せます。

ただしこれは反省からくる行動ではありませんので、
次にまた同じことを繰り返してしまうのです。

さらに飼い主さんとの関係が悪化してしまい、
最悪の場合「言いつけを守らない自分勝手犬」
になってしまうこともあります。

しつけのポイントは、
問題行動から0.4秒以内。

時間が経ってしまってからのしつけは、
行わないようにしましょう。

UP▲

~犬の飼い方ガイドへ

Copy right(C)
犬の飼い方ガイド
All Rights Reserved.