犬を飼う前の準備、犬の飼い方、食事、しつけ方法、犬の病気などを解説

犬の飼い方ガイド

犬の飼い方・しつけ方法

糖尿病

わたしたち人間と同じように
犬にも精巣が存在し、
分泌される男性ホルモンによって
雄らしい体格・性格が形成されていきます。

生きていくうえで重要な役割をもつ精巣ですが、
この部位に腫瘍が発症する病気を
「精巣腫瘍」といいます。

精巣腫瘍は人間にもみられる病気ですが、
犬の場合は発生率が高いのだといいます。

見た目には精巣が膨れ上がって見えることがあり、
これは腫瘍細胞の増殖が原因です。

病気が発症しても痛みはほぼなく、
発見方法は先に記したとおり
「見た目」での判断になります。

精巣部分が膨張していたり、
雄犬であるにもかかわらず
乳腺がはっている場合などは
精巣腫瘍を疑いましょう。

良性であれば
しばらくすると治ってしまう場合がありますが、
約5%〜20%の割合で
悪性になると言われているため、

少しでも異変があったら
すぐに専門医の診断を受けさせてください。

UP▲

~犬の飼い方ガイドへ

Copy right(C)
犬の飼い方ガイド
All Rights Reserved.