犬を飼う前の準備、犬の飼い方、食事、しつけ方法、犬の病気などを解説

犬の飼い方ガイド

犬の飼い方・しつけ方法

肺気腫

肺胞が大きく膨張し、
必要以上に空気を含んでしまうことによって起こる病気を
『肺気腫』といいます。

肺気腫にも二つのタイプがあり、
「急性肺気腫」と
「慢性肺気腫」があります。

急性肺気腫は
過度の呼吸困難を起こすもので、
口・鼻から泡やよだれを垂らし、
痙攣を起こす場合もあるようです。

慢性肺気腫の場合は
少しの運動で疲れてしまったり、
脱力感を起こす場合があります。

呼吸運動がうまく行われないために
呼吸困難を起こし、
倒れてしまうこともあります。

もともと気管支炎・腫瘍・外傷などを患っており、
それが原因となって肺気腫を発症しているのであれば、
それらの要因(病気)を治療することで
症状を改善することができます。

ただし、個人の判断では
原因を明確にできないことがありますので、
専門の医師(動物病院の医師)に相談すると良いでしょう。

UP▲

~犬の飼い方ガイドへ

Copy right(C)
犬の飼い方ガイド
All Rights Reserved.