犬を飼う前の準備、犬の飼い方、食事、しつけ方法、犬の病気などを解説

犬の飼い方ガイド

犬の飼い方・しつけ方法

椎間板ヘルニア

この病気は骨や関節に
負担がかかることによって発症するもので、
小型犬(ビーグル・シーズー・ダックスフントなど)
に多く見られます。

脊椎を形成する椎骨をつなぐ役割をもつ
「椎間板」が負荷・老化などによって硬くなり、
突き出てしまったり
髄骨が外側に噴出してしまう状態をいいます。

椎間板ヘルニアの症状は
神経麻痺・神経細胞の懐死で、
前足・後足が麻痺して動かなくなってしまったり、
場合によっては生涯歩くことのできない身体になります。

現在では治療方法にもさまざまなものがあり、
入院を要するもの(動物病院など)から
日帰りで受診できるものまで多様です。

基本的にペットの椎間板ヘルニアの治療には
「副腎皮膚ホルモン」が使用されることが多く、
ほとんどが内科治療によって改善されています。

UP▲

~犬の飼い方ガイドへ

Copy right(C)
犬の飼い方ガイド
All Rights Reserved.